ビジネスの読みもの

経営や会計など、ビジネスに関連する情報を発信するサイトです。

個人事業

個人事業主のままか、株式会社を設立すべきかで迷っている方に!法人成りを迷っているフリーランスにおすすめの書籍まとめ。

個人事業主のままでいるのがお得か、それとも法人成りして株式会社や合同会社を作るのがお得なのか。そんな悩みを抱えている方におすすめの書籍をまとめた記事。特に節税目的で法人成りを検討中の方はご覧ください。その利点&欠点がわかります。

アフィリエイターは法人成りすると節税できるのか?について、自分の意見を書いてみる。私がなぜ事業の法人化に踏み切れないのか。

売上が増えてきたアフィリエイターは法人成りすべきなのかどうかについてまとめた記事。そのメリットとデメリットをわかりやすく解説しているので、法人成りすべきかどうかで迷ってるブロガーやアフィリエイターの方は参考にしてもらえればと思います。

青色申告をしている個人事業主におすすめの、確定申告や税金に関する書籍まとめ!税金の知識をしっかり付けて、正しく節税しよう。

今回はこれから青色申告の準備をするぞ…という個人事業主のために、おすすめの書籍をまとめてみました。 これらの本を読んだ上で青色申告するのとしないとのでは、納める税金の額に大きな差が生じることも。 もちろん脱税はいけませんが、納めなくていい税金…

法人成りすることの5つのデメリットまとめ!個人的には個人事業を株式会社化することが節税になるのか、疑問で仕方ありません。

一般的に『個人事業主の所得が年間900万円以上になるようなら、株式会社を設立して法人成りしたほうがお得』なんて言われるもの(法人成り=個人事業主が事業を株式会社化すること)。 この背景には年間所得が900万円以上になると所得税+住民税の税率が43%…

所得税の累進制とフリーランスはすこぶる相性が悪い…という話。現在の所得金額がわかる職業だからこそ、仕事意欲の低下を起こしそうです。

仕事をして稼いだお金には所得税という税金がかかるということは、みなさんご存知の通り。そしてこの所得税は、社会科の授業で習ったように累進課税制度というものが採用されているので、収入が増えていけばいくほど税率が高くなる仕組みとなっています。 で…

アフィリエイターの法人成りは節税になるのか…その後について。結局、個人事業主のままのほうが有利だという結論になりそうです。

お陰様でこのサイト「クレジットカードの読みもの」経由での売上が増えてきたため、法人成り(個人事業を株式会社や合同会社化すること)をするべきかどうかで悩みに悩んだこの1年。 下記記事でも書いた通り、1人ビジネスであるアフィリエイターが法人成りす…

フリーランスになる前に、覚悟して欲しい3つのこと!自制できないタイプの方がフリーランスになると、その問題点にやられます。

2007年にフリーランスになって、はや10年。 自分自身がフリーランスとして活動したことに加え、同様にフリーランスをしている知人の悩みなどを通して、フリーランスならではの問題点がわかってきた気がします。 そこで今回は、雑談がてらフリーランスになる…

取引先から入金がない…と月初に慌てるくらいなら、個人事業主はクレジットカード決済を導入しよう!そのメリットとデメリットを解説。

『月末に入金予定だった取引先からのお金が入っていない…』 そんな冷や汗モノの月初を過ごしている、個人事業主(フリーランス)の方は意外と多いもの。 特に数万円程度の小規模案件であればまだ心労はそれほどでもありませんが、10万円超えるような案件では…

フリーランスになって初めてわかる、住民税や所得税の高さ…。今年もえげつない請求書が、郵便ポストに投函される時期になりました。

今年もいよいよ、住民税の通知がやってくる時期になりました。 しかしまぁ、サラリーマンの方にとってはこの住民税って馴染みのない税金ですよね。通常であれば毎月貰う給与から自動的に源泉徴収されちゃう税金なので、その名前すらもロクにしらないという方…

個人事業主のための領収書&レシート整理術。事業者向けクレジットカードを活用して、経費管理にかける時間を簡素化しよう。

photo by code-404 個人事業主であれば誰しもが面倒と思っている青色申告。この経理作業を少しでもラクにしたい…という方向けに、今回は私が実践している領収書&レシート管理術をまとめてみたいと思います。 これを実践すれば劇的に青色申告にかける作業量…

個人事業主が節税に使える共済や控除まとめ!支払う必要性のない税金まで払わってしまわないように、制度を上手に活用しよう。

今回は個人事業主が節税に使える共済や控除に中心まとめてみたいと思います。 フリーランスや個人商店経営者の方は税金を払い過ぎないよう、これらの節税対策を検討してみてくださいね。 節税対策に使える制度や共済まとめ: 1.青色申告特別控除65万円を狙…

PAGE TOP